4つ星・5つ星ホテル宿泊記

タイ5つ星ホテル ザ・スコータイバンコク 宿泊記

タイ国際航空ロイヤルファーストクラスで優雅にバンコクへ到着…の続きです↓

今回宿泊したのはバンコクにある5つ星ホテルの「ザ スコータイ バンコク」。建築に特徴アリという評判だったので気になっていたのです。女ひとり旅でのレポートですが、ご参考になれば。

Contents

有料リムジンサービスはベンツが来てくれた!

スワンナプーム国際空港からの移動はホテルのザ スコータイ バンコクの有料リムジンサービスを事前にお願いしていました。せっかく5つ星ホテルに泊まるので移動もゴージャスな雰囲気を味わいたかったのと、なんせ到着したのが夜の0時だったので安全面を考えて。

到着ロビーではザ スコータイ バンコクホテルのスタッフの方が私の到着を待っていてくださいました。「あと10分ほどで車が到着しますので少々お待ちください。」と説明されたあとは気さくに雑談。雨季が終わったので過ごしやすいですよだとか、何泊くらい滞在するの?だとか聞かれ、すごくフレンドリー。

到着したのは…黒塗りの高級車・ベンツ!

ザ スコータイ バンコクホテルのスタッフとタイ国際航空のスタッフ(←降機から車の到着までずーーっと付きっきりで居てくださいました。すごい。)が手早く荷物を運び入れてくださり、私はただただ車に乗り込むだけ。あまりにスピーディだったため、写真もブレブレですみません。

白の革張りのシートとブルーのライトが美しい…。

乗り込むとミネラルウォーターのサービス。他にもおしぼりやあめ玉?(ヌガー?)のようなものもありました。運転手の方から無料ですのでどうぞと説明してくださいます。また車の中からすでにWi-Fiサービスが使えます。

シート前面にあるパネルを見るとコントロールパネルが。なんだろうとよくよく見るとマッサージチェアのリモコン!車のシートがマッサージチェアになっていました。すごい。

ザ スコータイ バンコクまでは約40分ほどの道のり。ベンツの快適なシートのおかげで車酔いもなく、安心して移動できました。

ザ スコータイ バンコクは建物もお庭も美しい

(※ ザ スコータイ バンコクのHPより転載)

ザ スコータイ バンコクに到着したのはもう夜中だったのですが、ホテルのスタッフの方は丁寧に迎えてくださいました。日本人スタッフもいるようです(私は滞在中一度もお話する機会はありませんでしたが…)。

さて、ホテルの様子をいろいろとレポートしていきますが、ここからは昼・夜の写真が混在します。ご了承ください。

1Fはフロントとロビー、レストランなどがあります。こちらは客室へつながるエレベーターホールからカウンターに向かう長い廊下。左側のレストランではジャズの生演奏も行われていました。

ホテルの外に見えるオブジェ。

こちらは別の場所。

いくつかある水のエリアを建物が囲むように建っていました。

敷地内は広々!中庭のゆったりした感じがとても好きでした。こちらはお部屋からの眺め。

中庭にはベンチもあるので、くつろぎながら読書なんて過ごし方もすれば良かったなと。

お手入れも行き届いているし、時間を忘れてくつろげる場所でした。

お昼は宿泊客のほとんどが観光に外出しているようで、私のように中庭をウロウロしている人はほとんどいませんでしたね。だだっ広い空間というわけではないですが、中庭、なかなかの穴場です。

ザ スコータイ バンコクのお部屋

お部屋はスーペリア。ラッキーなことに角部屋でした。お部屋に繋がる廊下も素敵。建物の作りが独特で、方向音痴の私は何度か迷子になりそうでした。

お部屋はこちら。キングサイズのベッドです。寝心地もよかったですよ。

別の角度から。上位ランクのお部屋はリビングルームがあったりするようですが、スーペリアなのでコンパクトです。コーナーの置物や壁にかけられている彫刻がタイらしかったです。

ベッド横のデスク。Wi-Fi使えます。書斎があるっていいですね。書き物したりインターネットを楽しんだりしてました。

机に置かれている丸い器にはチョコレートが。ザ スコータイ バンコクはチョコレートが有名なんですよ。ココナッツのシャリシャリ感がアクセントとなっていて美味しかったです。

ウェルカムフルーツのサービス。この日はドラゴンフルーツ。

別の日はナシが置かれていましたよ。

バーカウンターも充実していました。ミネラルウォーター、コーヒーマシーン、お菓子類。

ミネラルウォーターとコーヒーは無料です。ルームキーピングを依頼しなかった日も補充用のミネラルウォーターやタオルは持ってきてくれます。

そして、ゴージャスなバスルームがこちら。洗面台の真向かいに3面鏡張りのバスタブ!バスタブの左には個室のお手洗い(ウォシュレットなし)。

こちらは洗面台。鏡だらけです。

ミネラルウォーター、洗面台にも置かれています。

アメニティ類は日本語でも書かれていました。ひと通り何でもそろっています。

洗面台の右側に別でシャワールームがありましたが写真がなく…。シャワーを済ませた後にバスタブに入りたい場合は一度身体を拭かないと洗面台エリアがびしょ濡れになります。

体重計もおしゃれ。

シックなイメージのお部屋でした。

人も少なく落ち着くプール

みなさん観光に出かけるからなのか、プールはわりと空いていました。25mプールで泳いでいる人は1人、2人といった感じ。

私はプールサイドのベッドでまったり。毎日通っていましたよ。気候もとても過ごしやすかった!

プールサイドでくつろいでいるとスタッフの方がお水を持ってきてくれます。氷の入ったグラスも涼しげ。

自家製グワバのアイスもいただきました。こちら本当は有料なのかも。

前日プールサイドで「軽食メニューを見せて」とスタッフにお願いしていたのですが、忘れ去られていたんですよね。そのお詫びにとのことでした。本当に申し訳ないと深々と頭を下げておりました。いや、逆にそこまでしてくれて恐縮です。

プールサイドにはこんな場所も。家族連れの方はこちらがいいのかもしれませんね。

カーテンを下すと小部屋みたいになるので、秘密基地のような感じで楽しいかも。お隣の視線も気にならないですしね。

プールはこちらの1カ所のみ。お子さん向けのプールではないのでご注意を(お子様向けのプールが他にあるのかどうかは未確認)。

何を食べても美味しい食事!

ザ スコータイ バンコクの中にはお食事が楽しめる場所がいくつかあります。それぞれコンセプトが異なるのですが、どのレストランもすごく評判が高いのです。

(※ 楽天トラベルから転載)

私はほとんどホテル内で過ごしていましたので、いろんなレストランを楽しめるかなと思っていたのですが…あいにく食欲がなく。入り口近くのサロンというお店で単品ばかりオーダーしていました。

こちらがサロンというレストラン。ラウンジといった方が近いかも。

違う角度から。写真奥の右側はホテル入口、左側はホテルカウンターです。

サロンではアラカルトメニューを提供している感じ。私が頼んだのはタイカレー。あまりの美味しさに滞在中2回も食べてしまいました。

こちらは串もの。2~3種類の違ったお肉があったような気がします。フルーツが入ったピリ辛ソースがまた美味しくて。タイ料理ホント大好きです。

ココナッツジュース。まるごとココナッツ。

作りたてのサンドイッチやスイーツが購入できるティミアンというグルメショップにも行ってみました。ジャムやお菓子もあったのでお土産にいいかも。

焼き立てのパンがずらり。クロワッサンやデニッシュ、マフィンといった菓子パン系が多かったです。奥に並んでいるのはチョコレート。バラ売りしていたのでいくつか購入。

ショーケースの中には美味しそうなケーキ!サンドイッチもディスプレイされていました。

ローストビーフとオニオンのサンドとホットティーをオーダー。サンドイッチは温めてくれます。

チョコレート、安定のおいしさです。

サロンとティミアンは予約なしでも大丈夫でした。お客様もほとんどいませんでした。

ただ、ホテル内のレストランを利用したいなら予約した方がいいです。他のレストラン、特にディナーは予約が取れないみたいですから。

ザ スコータイ バンコクで有名なのは朝食とチョコレートブッフェ

「ザ スコータイ バンコクは朝食とチョコレートブッフェが有名!」との情報は事前に得ていたんです。でも、私はどちらも遠慮しました。ずっと満腹だったので…。

チョコレートブッフェは宿泊客以外にも訪れる人がいるようで、その時間帯はとても賑わっていましたよ。ケーキバイキングのようなスタイルでサンドイッチ類もあるようです。お友達同士、ご家族で行くのがおススメ。

ほんとに人気なので当日予約はほとんど取れないと思っていた方がいいです。事前予約してくださいね。

(※ ↑ザ スコータイ バンコクのHPより転載)

次回行くときにはいろいろ食べようと思います。

ザ スコータイ バンコクを振り返ってみた

とてもとてもくつろげるホテルでした!私が行ったのは12月上旬。年末年始の時期を避けていたのが良かったのかもしれませんね。そんなに混雑している場面もありませんでした。

この時期の宿泊料金もすごくリーズナブルでしたよ。5つ星ホテルなのにこの金額で泊まれるなんて!と思うほどのお得感。1泊1万円もしていません。

ザ スコータイ バンコクはリッツカールトンのような超高級感・ハイグレードなホテルというより、昔からある伝統的な高級ホテルというイメージに近いような気がします。モダン、オシャレ、近代的というイメージではないので、新しさを求めると期待外れになってしまうかも。

ザ スコータイ バンコクのサービスについて

スタッフの方はいつも笑顔でフレンドリー。ちょっとタイ訛りがあるのが聞き取りづらいですが、多くのスタッフは英語で話してくれます。

カウンターでは日本円からタイバーツへの両替もしてくれます。ただ、レートはそんなに良くないので街中のATMを使った方がいいです。

クレジットカードも使えます。おかげで私は滞在中ほとんど現金を使いませんでした。。

ザ スコータイ バンコクから市街へのアクセス

私はほとんど引きこもっていたのですが、もし市街に出るならタクシーで。ホテルスタッフに相談すると手配してくれます。歩いて市街に行けるかスタッフに聞いたところ行ける距離じゃないと言われてしまいました。

ご存知とおりバンコクは車社会。いつも渋滞しているのであまりタクシーでの移動は早めの時間帯がおススメです。

これからザ スコータイ バンコクへ行く方へ

とにかく…レストランやチョコレートブッフェは先に予約をしておいた方がいいです。タイ料理のセラドンは特に人気らしく、早めの予約をおススメします。

また、女性ひとり旅の方はリムジンサービスの利用が安心です。片道1万円ほどするので安いサービスとは言えないのですが…深夜到着や早朝出発だと慣れないタクシーは不安ですから。

あらかじめホームページからリムジンサービスのオーダーをすることもできますので、ぜひご予約を。

ちなみに、空港送迎リムジンサービス予約の際に送ったメールはこんな感じです。必要であればコピーしてお使いください。

Dear The Sukhothai Hotel

I will stay at your hotel from Dec 〇〇 to 〇〇.
On my arrival, I would like to ask you an arrangement of airport transfer
from Suvarnabhumi International Airport.
My arrival information is as below.

‐ Arrival Date : Dec 〇〇
‐ Flight No : TG〇〇〇〇
‐ Arrival time : 〇〇:〇〇, at Suvarnabhumi International Airport
‐ 〇〇〇〇(expedia,Hotels.com等) Booking ID:〇〇〇〇

It would be very grateful if you can confirm it.

Best regards,

名前

現在の宿泊費や口コミ等を見てみたい方はこちらを参考にどうぞ(ザ スコータイ バンコク概要)

宿泊でもマイルをゲット。ホテル代ペイしたも同然

ちなみに余談ですが、私はこの宿泊でもマイルをGETしています。使った現金以上の価値をマイルで得ましたので、実質ホテル代もペイしたことになります。

マイルの知識って、消費を投資に変える知識です。知らないとホント勿体ないと思います。

以上、ザ スコータイ バンコク滞在記でした!この後のタイ国際航空ロイヤルファーストクラス復路の記事もお楽しみに。

アメックスプラチナ所有者限定ラゲージタグ。その使い道を考える前のページ

たった1泊でヒルトンダイヤモンドステータスを取得!スイートルームへのアップグレード狙います次のページ

ピックアップ記事

  1. たった1泊でヒルトンダイヤモンドステータスを取得!スイートルームへのアップグレー…

関連記事

  1. 4つ星・5つ星ホテル宿泊記

    セントレジス大阪宿泊記。AMEXプラチナで16時チェックアウトが可能!

    ずっと行ってみたいと思っていたセントレジス大阪に宿泊してきました…

  1. おススメ旅行グッズ

    海外旅行用スーツケースを購入!私なりの選ぶ基準とリモワを購入しなかった理由
  2. 4つ星・5つ星ホテル宿泊記

    タイ5つ星ホテル ザ・スコータイバンコク 宿泊記
  3. クレジットカード活用術

    アメックスプラチナ所有者限定ラゲージタグ。その使い道を考える
  4. クレジットカード活用術

    アメックスプラチナ特典のホテルメンバーシップ・ステータスマッチに申請しました
  5. クレジットカード活用術

    羽田空港国内線の新カードラウンジはスタイリッシュでおススメ!
PAGE TOP