クレジットカード活用術

アメックスプラチナの審査に通過!特典は年会費14万円以上の価値あり

ラグジュアリートリップ愛好者なら誰しも憧れるアメックスプラチナカード。このたびその審査を無事に通過し、晴れてアメックスプラチナホルダーとなりましたのでご報告です。

数あるクレジットカードの中でもダントツの高さ、年会費14万円(税込)を支払ってでも持つ価値はあるのか?とお思いの方、きっと多いのではないでしょうか。なぜ私がこのカードを所有しようと思ったのかをお伝えしますので、参考にしていただけば…と。

Contents

アメックスプラチナとはどんなクレジットカードなのか

アメックスプラチナとは、アメリカンエキスプレスが発行するプロパーカードの一種。年会費無料のアメックスグリーンカード、年会費約3万円のアメックスゴールドの次にステータスが高いのが、このアメックスプラチナカードです。

クレジットカードって決済代行カードでしょ?年会費無料でも持てるのに、なぜ高いお金を払うのか意味がわからない。

と思っていらっしゃる方にとって、年会費14万円とは衝撃の価格かと思いますが…、実は、このランクにもなってくるとクレジットカードはもはや単なる決済代行カードではないのです。もちろん、通常のクレジットカードの機能はありますが、享受できるメリットが無料のクレジットカードとはケタ違いなのですよ。

この特典を受けたいがために、世の中のラグジュアリートリップ愛好者たちはアメックスプラチナカードを目指しているわけです。

アメックスプラチナは他の追随を許さないほどの特典が満載

アメックスプラチナカードはレジャーやエンターテインメント関連に特に強いカードとして知られています。レストランやホテル、ゴルフを始めとするスポーツで受けられる特典はラグジュアリートリップ愛好者にとってかなり魅力的!

このカードを所有しているだけで旅の質が格段にアップするのですから、活用しない手はないですよ。まずはその豊富な特典の数々、とくとご覧あれ。

特典その1:こだわりのレストランが1名分無料になるダイニングアクセス

国内外のミシュランガイド公認レストランから隠れ家的レストランまで、アメックス専任のプラチナコンシェルジュがこちらの要望に合わせてお店を提案してくれるというサービスを無料で利用できます。

土地勘のない場所での接待や会食等でイチからレストランを探すのは骨が折れますよね。味の良し悪しもわかりませんし。せっかく見つけたレストランでもいざ予約するとなると満席で予約できないなんてありがちじゃないですか。人気のレストランならなおさらです。

大事なお友達やお世話になった方との会食は有意義な時間にしたいですし、お店選びはとても重要ですよね。ダイニングアクセスを利用すると、一か八かの冒険でなく信頼と実績のあるお店を選んでいただけるのでその点安心です。大事な方にも満足していただければ「こんな素敵なお店を知っているなんてさすがだね!」と、さらに絆も深まるのではないでしょうか。

さらにアメックスプラチナのダイニングアクセスを利用すると1人分のお食事代金が無料になるという特典も。回数無制限なのでどんどん利用したいです。

特典その2:VIP待遇のファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)とザ・ホテル・コレクション

※ 画面キャプチャはアメックス・プラチナ・ウェブより

アメックスプラチナホルダーを目指している方のほとんどがファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)と、ザ・ホテル・アンド・コレクションの特典目当てでは?と思うほど充実した内容なのですよ。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)と、ザ・ホテル・アンド・コレクションの違いはホテルランクや最低宿泊数の制限の有無と特典内容の充実度。ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)はリッツ・カールトン・ホテルをはじめとする高級どころのホテルがずらり。特典も充実しています。ザ・ホテル・アンド・コレクションのホテルも素敵なのですが、こちらは2泊以上の滞在が最低条件。1泊だと予約を受け付けてくれません。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)の特典

では、その特典内容を見てみましょう。ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)の特典は次のとおり。

特筆すべきはアーリーチェックイン(12時)とレイトチェックアウト(16時)です。アーリーチェックインは空き室状況によりけりですが、レイトチェックアウトは16時確約ですから、思う存分ホテルステイを楽しめますね。お部屋のアップグレードも確約ではありませんが、もしアップグレードされたのなら…16時まで利用可能なのですよ。これは嬉しい…。

滞在中の朝食は2人まで無料となっているところも魅力。パートナーやお友達との宿泊でも安心ですね。

ホテルのオリジナル特典では、滞在中のお食事やサービスの利用に使える100ドル相当の割引が設定されているところも多い様子。ラグジュアリーホテルでのマッサージやディナーも楽しみのひとつですもの。ラグジュアリーホテルステイがますます思い出深いものになりますね。

ザ・ホテル・コレクションの特典

続いて、ザ・ホテル・コレクションの特典を見てみましょう。

ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)と比べると若干見劣りしますが…アーリーチェックインやレイトチェックアウトが使えないとはいえ、アップグレードの可能性はありますし、75ドル相当の割引が受けられるのはお得です。

ホテル滞在時間はそこまで長くなくてもいいという方、朝食サービスはなしでもいいという方には十分な特典と言えるでしょう。

ラグジュアリーホテルステイが目的でなく、観光をはじめとする外出がメインでの宿泊先を探す場合におススメです。最低でも2泊以上でなければ予約できませんのでご注意ください。

特典その3:有名ホテルの上級会員が手に入るステータス・マッチ

セントレジス、ヒルトンといったハイグレードの有名ホテルには会員ステータス制度が設けられています。アップグレードや朝食サービス、レイトチェックアウトといったVIP特典がつく上級会員になるためには、既定の宿泊数を達成していなければなりません。年間40泊~50泊利用しなければ上級会員のステータスは得られないのですから、結構高いハードルなのです。

そんな憧れの上級会員に…アメックスプラチナホルダーであれば無条件でなれますよというのがステータス・マッチです。

さて、これらのホテルもファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)やザ・ホテル・アンド・コレクションで予約すればいいのでは?と疑問に思いませんか?実は、これらのホテルのすべてがファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)やザ・ホテル・アンド・コレクションのラインナップには入っているとは限らないのです。

こちらはアメックスプラチナホルダーのみが使用できるアメックス・プラチナ・ウェブのホテル検索画面です。ご覧の通りヒルトンで検索すると出てくるのは海外のホテルのみ。

ステータス・マッチを利用するとファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)やザ・ホテル・アンド・コレクションに加え、特典を受けられるホテルがますます増えるのですから、利用しない手はありません。ステータス・マッチ、無料でできますしね。

では、そのステータス・マッチが利用できるホテルの数々、見ていきましょう。

シャングリラ・ホテル・アンド・リゾート

※ シャングリラホテルより(http://www.shangri-la.com/jp/)

シャングリ・ラ ホテル、シャングリ・ラ リゾート トレーダース ホテル、ケリーホテル、ホテル ジェンといった5つ星ホテルが揃うシャングリラ・ホテル・アンド・リゾート。ゴールデンサークルと呼ばれる会員プログラムは下記の通り3つのステータスが用意されていますが、アメックスプラチナのステータスマッチで獲得できるのは真ん中のゴールデンサークル・ジェイド会員です。

※ シャングリラホテル・ゴールデンサークルより(http://www.shangri-la.com/jp/corporate/golden-circle/)

ゴールデンサークル ジェイド会員の特典は次の通り。シャングリラホテル・ゴールデンサークルの概要ページには3つのステータスの比較表がありましたよ。ジェイド会員は真ん中のステータスとはいえ、かなりの特典が盛り込まれています。

なんといってもアーリーチェックインの時間の早さ!確約ではなく、対象外のホテルもあるようですが、これだけ早くチェックインできれば嬉しいですね。ダイヤモンド会員はさらにその上を行く8時チェックイン18時チェックアウトが可能だなんて…。こちらもすごい特典ですが、ジェイド会員でも魅力的ではないでしょうか。朝食無料が嬉しいですね。

ヒルトン・ホテルズ・アンド・リゾート

※ ヒルトンホテルより(http://hiltonhotels.jp/)

コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、キュリオ・コレクション by ヒルトン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリー by ヒルトン、タペストリー・コレクション by ヒルトンといった世界各国にあるヒルトングループ。たびたび行われるスイートルーム50% OFF セールはいつか利用してみたいなと思っているところ。

ヒルトン・オナーズの会員ステータスには4種類あり、アメックスプラチナのステータスマッチで得られる会員ステータスはゴールドです。20回の滞在、または40泊しなければ得られない会員ステータスが無料で得られるなんて、こちらもお得ですね。20回の滞在なんて…アメックスプラチナの年会費以上の宿泊費がかかりますから。

(ヒルトン・オナーズより http://hiltonhonors3.hilton.com/ja_JP/explore/benefits/index.html)

アメックスプラチナのステータスマッチによって得られるゴールド会員の特典も申し分なし。アップグレード、2人目宿泊無料、レイトチェックアウトがついてきます。パートナーやお友達と一緒のホテルステイにはかなり嬉しい特典ではないでしょうか。1部屋分の料金で2人が宿泊でき、朝食も2人分ついてくるのですから。1回宿泊しただけでも数万円お得になる計算ですね。

スターウッド・ホテル・アンド・リゾート

※ スターウッドホテルサイトより(http://www.starwoodhotels.com/index.html?language=ja_JP)

シェラトン、ウェスティン、ルメリディアン、Wホテル、ラグジュアリーコレクション、セントレジス、といったゴージャスラインのホテルが所属するホテルチェーン。マリオットが買収したことで世界最大のホテルチェーンになりました。

アメックスプラチナのステータスマッチで、得られる SPG 会員資格はゴールド。こちらも本来年間10滞在または25泊の宿泊がないと得られないステータスです。確約ではないものの、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトも特典としてついています。

宿泊のブラックアウト(特典除外日)なしというのがいいですね。スターポイントのウェルカムギフトですが、ポイントがたまると宿泊券やマイルに交換することも可能な様子。集中的にスターウッド系列のホテルを利用し、ポイントを貯めるのもいいかも。

クラブ・カールソン

※ クラブカールソンより(https://www.clubcarlson.com/)

クラブカールソン。あまり聞きなれないのもそのはず。日本にはたった1カ所、成田にしかホテルが存在していません。世界に目を向けると radisson、raddisson blue、raddisson red、Park Paza、park inn、COUNTRY といったホテルが数多くあります。

クラブカールソンのホテル、こんなにあるんですよ。緑や青の点で示されているのがクラブカールソングループのホテル。1,000件以上あるとのこと。アメリカやヨーロッパ方面に多くあるようですね。

アメックスプラチナのステータスマッチによって得られる会員ステータスはゴールド。こちらも特典満載です。多すぎて1回の画面キャプチャでは納まりませんでした…。

本来、1年に35泊か20回の滞在がなければ得られないステータス。こちらもなかなかハードルが高いです…。

他のホテルグループと比較すると朝食がついていないのが残念なところ。ステータスによるサービスの違いにあまり差がないのも独特ですね。お食事の割引率やポイント率が異なる以外は得られるサービスにほとんど差がありません。

海外旅行の際には活用しようと思います。

特典その4:まるで秘書!?プラチナ・コンシェルジェ・デスク

アメックスプラチナホルダーのみが利用できるプラチナ・コンシェルジェ・デスクはもう秘書のようなサービスですよ。営業時間は24時間365日、旅行や食事、エンターテインメント、ショッピングといったありとあらゆるサービスの手配をしてくれるとのこと。

なんでもホテルの手配や航空券の手配、タクシーの手配もできるし、サプライズプレゼントの用意もしてくれるし、ブランドショップを貸し切ってショッピングもできるし…と、ありとあらゆることをやってくれるようなのです。

年間14万で優秀な秘書を雇えると思えばかなりお得ではないでしょうか。私はアメックスプラチナを所有したばかりなのでまだプラチナ・コンシェルジェ・デスクを利用したことがありませんが、これからすごく楽しみです。

土地勘のないところでのお店の手配は何かと大変ですからね…。

特典その5:充実しまくっている保険の数々

クレジットカードに付帯している保険にもいろいろありますが、その保険内容が最も充実しているといわれているのがアメックスプラチナカードです。万が一に備えての傷害・死亡傷害保険金は最高1億円。病気やケガで入院し、旅行がキャンセルになった際にも補償してくれるキャンセル・プロテクション、インターネットでカード不正があった際のオンライン・プロテクション、返品ができない場合のリターン・プロテクション、購入した商品の破損や盗難の損害を補償してくれるショッピング・プロテクション…ともう覚えきれないほどの充実っぷり。

その他、ゴルフ・テニス・スキーの保険も付帯しています。ホールインワンやアルバトロス達成での保険までついているなんて、ほんとレジャーやエンターテインメントに強いカードだなと思います。

保険に求める基準は人それぞれかと思いますが、このカード1枚あれば十分ではないかと個人的には思います。

アメックスプラチナは何と言っても年会費が高いことで有名

さて、このような特典満載のアメックスプラチナカードですが、2017年12月現在、アメックスプラチナの年会費は 140,400 円(税込)です。

14万超え…。決済代行のクレジットカードにここまでの年会費を支払う価値があるのか。誰もがそう思うでしょうね。私もこの高さに「ありえない!」と思い、一度はインビテーションを断ったので、その気持ちよくわかります。

だって…14万円あれば、できることいろいろあるじゃないですか。お買い物、旅行、お勉強だとか。無料でも持てるクレジットカードに14万も払うなんて。到底理解できるものではないはずです。

しかし、私がこのカードを持とうと決心したのはラグジュアリートリップを日常にすると決めたからに他なりません。

世界の名だたる有名ホテルの上級ステータスが得られ、ベストレートで予約でき、確約ではないもののアップグレードやアーリーチェックイン・レイトチェックアウト等の特典が得られるのなら、14万円の元はすぐに取れると読みました。

仮に年に2回ラグジュアリートリップをするとなると、飛行機代・ホテル代含めて数十万~100万円近くはかかるわけです。14万円の年会費を支払いアメックスプラチナホルダーになれば、ラグジュアリートリップはもっと有意義なものになる。ならば…!と決意したというわけ。

飛行機代・ホテル代含めて数十万~100万円近く…と書きましたが、これは現金で旅行を購入するときのお話。私のラグジュアリートリップでは実質そんなにお金は使っていません。航空券代はタダなので、旅行にかかる費用はホテル代(年間20万円程度)のみ。アメックスプラチナの年会費14万円を支払ったとしても通常の旅行に比べると割安なのです。

年会費を1か月当たりに換算すると 11,700 円、1日当たりだと 384 円。そう考えると高くない投資だと思うのですがいかがでしょうか。

お値段以上の価値、アリです。

アメックスプラチナの審査とは

クレジットカードに申込むのってなぜあんなにも緊張するのでしょうか…。アメックスプラチナに限らず、どんなクレジットカードであっても「落とされたらどうしよう!?」という不安はついて回るものです。仮に落とされても生活が変わるわけではないのですが、なんというか…ショックですよね。

アメックスグリーンやアメックスゴールドの審査基準は割と緩いと噂されていますから、アメックスプラチナも気軽に挑戦してみては?と個人的には思うのですが、やはり不安だという方のために申込書記載に必要な情報やカード到着までの期間など、私の経験をもとにご紹介してみます。

申込書に記載するのは年収や他のクレジットカード情報

アメックス営業担当の方から電話があり、住所や名前など基本的なことを確認された後、アメックスプラチナへの申込書が届きました。アメックスプラチナの申込用紙に記載する情報のほとんどは他のクレジットカードと変わりありません。

  • 住所
  • 氏名
  • 刻印名
  • 生年月日
  • 性別
  • 連絡先
  • 住まいの形態
  • 居住年数
  • 勤務先名と職種など
  • 年収
  • 家族カード発行の場合はその方の情報
  • メールアドレス
  • オンライン明細書希望の有無
  • ETCカード希望の有無
  • フリープロテクト・プランの希望の有無
  • 所持している他のアメリカンエキスプレスカードの番号

記入に迷うところもなくとても簡単なものでした。

この中でも気になるのは住まいの形態や居住年数、年収といったところかと思います。真意は定かではありませんが、一般的なクレジットカードの審査では勤務年数や居住年数がその方の安定度を示す材料として見られるともいわれていますよね。しかし、アメックスプラチナの申込用紙は勤務年数を記載する欄はありませんでした。

私の場合、居住年数は2年(社宅)と短いですし、職業も経営者(←不安定な職業で社会的信用力に欠けるとみなされがち)で記載しましたが、無事にアメックスプラチナの審査に通過しています。

アメックスプラチナの審査に通過する年収目安は 1,000 万円との噂もあるので、このあたりのラインでなければ難しいのかもしれませんが、こちらは完全な自己申告。所得証明書の提出も求められませんでしたし、クレジットカードの審査につきものの職場への電話確認もありませんでした(私が不在で電話に出なかっただけなのか)。

ただ、私の場合すでにANAアメックスゴールドカードと法人用のアメックスビジネスゴールドを3年以上使用しているため、その履歴が信用調査として代用されたのかもしれません。申込書には所持している他のアメリカンエキスプレスカードの情報を記載する欄があったのですが、アメックスヘビーユーザーであることをアピールするために、1つのみの記載でいいのに2つのカード情報を書いて送ったのが良かったのか…(苦笑)。

申込からアメックスプラチナ到達までの期間

私の場合、申込んでから到着まで2週間ジャストでした。今か今かと待ち望んでいただけにこの2週間は長く感じられましたが、無事に手に入れることができました。

ラグジュアリートリップをする予定があるという方、アメックスプラチナへの申込は余裕をもって行いましょうね。2週間後にラグジュアリートリップ!だとクレジットカードの発行・受け取りに間に合わない可能性がありますし、ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)と、ザ・ホテル・アンド・コレクションを利用してホテルを予約しようとしてもすでに満室ということもあるかもしれませんので…。

アメックスビジネスプラチナ(法人カード)との違いを比較

アメックスプラチナにはアメックスプラチナカードと呼ばれる個人カードと、アメックスプラチナビジネスカードと呼ばれる法人カードの2種類があります。年会費は同じですが特典に若干の違いがあるので、経営者で申し込みを考えている方はどちらのカードにしようか迷うこともあるのでは。

私もどちらにしようかかなり迷ったのですが、私の目的は個人で楽しむラグジュアリートリップです。お仕事での接待や出張にも使いたいところですが、それは二の次。アメックスプラチナビジネスカードにしかない特典の数々は、今の私には不要と判断しました。

アメックスビジネスプラチナにはシャングリラホテルのステータスマッチがない

ラグジュアリートリップを楽しむにはホテルのステータスはとても重要でして。アメックスビジネスプラチナにしてしまうとシャングリラホテル系列はステータスマッチが行えないので、実質大きなホテルチェーンを選択肢から除外しなければなりません。

シャングリラホテルのゴールド会員、私には魅力的だったのでアメックスビジネスプラチナは見送ることに。

アメックスビジネスプラチナの社員カード(最高4枚)発行の予定がない

私が経営している会社では社員が出張したり、カードを使って買い物をしたりということがないので、社員カードは必要ありません。もし、会社経営者で営業スタッフが複数人いて、その方々が接待や経費精算をする業務に携わっているなら、アメックスビジネスプラチナカードはかなり魅力的ではないでしょうか。年会費の追加なしで、自分のカードと合わせて合計5枚のプラチナを発行できるわけですから。

アメックスビジネスプラチナカードを使って精算する営業スタッフの株も上がるでしょうし、そうなると会社の評判も良くなる…かもしれませんよ。

四半期管理レポートは魅力的なのだけど

アメックスビジネスプラチナカードを使って決済した内訳を四半期ごとにレポートにしてくれるサービス、とても魅力的だなと思ったのですが、会計ソフトでも見れるので今のところ優先順位は低いな…と。あくまでも私の場合ですよ。

事業部ごとにカード決済の内訳を分析したいだとか、社員ごとに経費精算の内訳を知りたいという場合にはとても役立つサービスだと思います。

いずれはアメックスビジネスプラチナとの2枚持ちを目指して

ビジネスシーンに役立つ特典満載のアメックスビジネスプラチナなのですが、上記のような理由で今回はアメックスプラチナカード(個人)を選ぶことにしました。

しかし、14万円の年会費を経費で落とせるのでいずれはアメックスビジネスプラチナも取得したいと考えています。まずは個人カードをしっかりと堪能してからというところですね。

ちなみに、アメックスプラチナ(個人)カードはさらに上のステータスであるセンチュリオンカードがありますが、アメックスビジネスプラチナ(法人)にはありません。クレジットカードの超最高級ステータスを極めたい!という方は、個人カードを先に発行した方がいいかもしれませんね。

アメックスプラチナカードの最もお得な申込方法とは

年会費が14万越えと聞くと敬遠する方も多いですが、月額単位にすると1万円を少し超えるくらいなんですよね。ショッピングでの付与率だけを考えるとこの年会費は高いと感じるかもしれませんが、アメックスプラチナカードの神髄は他にあります。

高級ホテルのゴールドランク以上のステータスをもらえたり、アメックスプラチナ会員限定の優遇プランがあったりと、使い方次第では年会費以上の価値を享受できるため、私は「持つ価値存分にあり」と見ています。

アメックスプラチナカードはこれまで、アメックスプロパーカードでの使用実績を積み、アメックス側からのインビテーション(招待)を待つか、アメックスプラチナカード所有者からの紹介で申込む方法しかありませんでしたが、現在は解禁され、ホームページからでも申込みが可能です。

しかし、アメックスホームページから新規で申し込むのと、プラチナカードホルダーから紹介で申し込むのとでは、受け取れる特典が大きく異なるため、紹介を受けて申し込んだ方が断然お得です。

▼ ホームページから直接申し込んだ場合の特典

  • ご入会後3ヶ月以内に合計50万円のカードご利用で20,000ボーナスポイント
  • ご入会後3ヶ月以内に合計100万円のカードご利用でさらに20,000ボーナスポイント

▼ プラチナカードホルダーからの紹介で申し込んだ場合の特典

  • ご入会後3ヶ月以内に合計10万円のご利用達成で20,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会後3ヶ月以内に合計50万円のご利用達成で20,000ボーナスポイントプレゼント
  • ご入会後3ヶ月以内に合計100万円のご利用達成で20,000ボーナスポイントプレゼント

ホームページからの申込だと最大40,000ポイントに対し、紹介で申し込む場合は最大60,000ポイント。その差20,000ポイントは大きいです。20,000ボーナスポイントは20,000マイルと同価値で、国内往復の特典航空券が手に入るんですから。100万円の利用達成って難しくないですし、プラチナカードホルダーから紹介を受けて申し込む方ことをおススメいたします。

お知り合いにプラチナカードホルダーがいらっしゃらない場合、私からご紹介できますので、ぜひご利用ください。

アメックスプラチナはラグジュアリートリップの味方

アメックスプラチナの魅力を長々と書いてきましたが、ここに書いていない特典もまだまだあります。

私は、ファイン・ホテル・アンド・リゾート(FHR)やザ・ホテル・アンド・コレクション、ステータスマッチで得られる特典の数々、ダイニングアクセスといったラグジュアリートリップをより充実させる特典を主に使っていこうと思っていますよ。アメックスプラチナ、ぜひみなさまにもチャレンジしてほしい1枚です。

アメックスプラチナを使っての体験記はまた別の記事でもご紹介しますのでお楽しみに。

タイ国際航空 関空発 バンコク行 ファーストクラス A380 往復特典航空券発券しました!前のページ

アメックスプラチナ特典のホテルメンバーシップ・ステータスマッチに申請しました次のページ

ピックアップ記事

  1. たった1泊でヒルトンダイヤモンドステータスを取得!スイートルームへのアップグレー…

関連記事

  1. クレジットカード活用術

    アメックスプラチナ所有者限定ラゲージタグ。その使い道を考える

    アメックスプラチナカードの審査を無事通過し、プラチナカードを手に入れ…

  2. クレジットカード活用術

    アメックスプラチナ特典のホテルメンバーシップ・ステータスマッチに申請しました

    先日、アメックスプラチナの審査に通過し、アメックスプラチナホルダーにな…

  1. おススメ旅行グッズ

    海外旅行用スーツケースを購入!私なりの選ぶ基準とリモワを購入しなかった理由
  2. ビジネスホテル宿泊記

    主張におススメ!コスパ抜群!ホテルヴィスキオ大阪宿泊記
  3. ファーストクラス搭乗記

    タイ国際航空 関空発 バンコク行 ファーストクラス A380 往復特典航空券発券…
  4. クレジットカード活用術

    アメックスプラチナが100円=3Pに大改善!28%の還元率を生み出す私の使い方
  5. ビジネスホテル宿泊記

    リピ決定!チョコレートショップ併設のオシャレなホテル 日本橋 浜町ホテル宿泊記
PAGE TOP